Skin Care

肌の悩みを改善しよう|スキンケア用品選びが大切

化粧品の様々な分類

無添加とオーガニック比較

ウーマン

スキンケア化粧品は「肌を保護する・向上させる」ために使います。
洗顔石鹸や泡立つフォームを使って顔を洗ったあとに、化粧水やオールインワンゲルを使うのがポピュラーです。
しかし、それらのスキンケア製品には種類があり、「無添加」や『オーガニック』というタイプの物がたくさん出回っている様子があります。
皮膚に良い、安全というレッテルが貼られやすいですが、実際は100%安心という保証はありません。
基本的に「無添加」ならびに『オーガニック』の両者は意味が違います。
前者の無添加は添加物に当てはまるものを配合していない、という意味ですが刺激がない、敏感肌の人に使える、という訳ではありません。
コールタールから作られたタール色素、石油から得られて化学的に調整したベンゼン系香料、防腐効果や菌の繁殖を抑制させる力が強いパラベン系などが添加物です。
それらを化粧品に添加していない事が前提で、無添加と呼びます。
もう一方、オーガニック化粧品とは有機栽培されたハーブや植物から得た成分やエキスを加えたものを言います。
無添加ではなく、添加物が入っていても、有機栽培されたエキスなどを配合してあれば、十分にオーガニック化粧品と主張できるのがポイントです。
しかし、パラベン系やタール色素、ベンゼン系香料などが入っている恐れがあるため、スキンケア化粧品に付いているパッケージ裏の成分記載表を確認して、安全性を確かめる必要性があります。
中には『無添加オーガニック化粧品』も出回っていますが、スキンケアを好む人にとっては理想的なアイテムと言えます。

性別は関係ありません

婦人

スキンケアは女性だけでなく今や男性にも欠かすことのできないものになっています。
しかしながら、これからスキンケアをしようと考えている人は何からやったらいいのかわかりません。
そこで、ここではスキンケアをする上で重要な基礎化粧品の種類とその特徴を紹介していきます。
基礎化粧品の代表的なものとしてクレンジングがあります。
これはメイクをするほとんどの女性が使用しているもので、メイクを落としために使われるものです。
また、顔の皮脂を洗い落とす洗顔料もあります。
濃いメイクが好きな人はその油分を洗い落とす目的で使う人もいます。
そして、性別関係なく使用するのが化粧水です。
化粧水の役割は肌に水分を供給することや、他の基礎化粧品の美容成分の浸透力を高めることにあります。
スキンケアにおいて欠かせないアイテムです。
さらに、美容液の存在も見逃すことができません。
化粧水をしても肌の保湿が足りないと感じたときには美容液を使用します。
ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミドなどの保湿成分が配合されているものを選ぶことがおすすめです。
スキンケアの仕上げとして広く用いられているものが保湿クリームです。
化粧水と美容液によって肌に浸透した水分が蒸発しないように油分で閉じ込める役割を持っています。
ただし、クリームにはいくつか種類があります。
保湿クリームはナリシングクリームもしくはナイトクリームとよばれるものです。
購入する際にはしっかりと確認しましょう。

肌との相性やコスパで選ぶ

レディ

スキンケア化粧品は無数に存在します。
選ぶときに一番大事なのが、肌に合っているかどうかです。
肌質は千差万別で、スキンケア化粧品との相性も人それぞれです。
敏感肌向けの天然由来の成分を配合したスキンケア化粧品でも、肌に合わない人もいます。
沢山あるスキンケア化粧品の中から気になる製品のサンプルを取り寄せてみて、肌との相性を確かめることが大切です。
スキンケア化粧品は毎日使うものなので、コストパフォーマンスも大事です。
価格が高い化粧品は肌にいい美容成分が豊富ですが、買い続けるのが大変です。
化粧水と美容液だけで1万円を超えてしまうと、毎月家計が大変になります。
よっぽど家計に余裕がないかぎりは、1万円以下に抑えたいところです。
今は数千円でも十分に品質が良く、美容成分がたっぷり詰まったスキンケア化粧品が探せば沢山販売されています。
通販購入なら定期便割引きもあるので、毎月買う手間が省ける上にかなり価格がお得です。
肌にはターンオーバーがあり、古い角質が剥がれて新しい肌に生まれ変わるまでに約28日はかかります。
年を取るとさらに長くなるのが普通です。
そのため、スキンケア化粧品は長く使い続けることが大切です。
肌にあっていて続けられる価格帯の化粧品を見つけたら、3か月は使い続けるのがお勧めです。
たった1か月使っただけだと本当の効果がわからない場合が多いからです。
肌のためにも、お気に入りのスキンケア化粧品を気長に使い続けることをお勧めします。

化粧品の相場

レディ

スキンケア化粧品はドラッグストアなどで手軽に購入できます。安いタイプならシリーズで揃えられて、お財布に優しいのが魅力です。アンチエイジングを意識するなら美容液やクリームだけでもちょっと高級なものを使うのがお勧めです。

もっと読む

化粧品の様々な分類

ウーマン

スキンケア化粧品にも種類があります。「無添加」、『オーガニック』、「無添加オーガニック」などですが、オーガニック化粧品は添加物が入っいる恐れがあります。化粧品のパッケージ裏にある、成分を公開したところを見るべきです。

もっと読む

熱いお湯で洗わない

女の人

きちんとしたスキンケアをしているつもりでも、肌トラブルに悩まされている人は、正しいケアを行っていない可能性があります。シャワーの水を顔に直接当てたり、熱いお湯で洗うのは、必要な皮脂まで洗い流すので厳禁です。

もっと読む