Skin Care

肌の悩みを改善しよう|スキンケア用品選びが大切

熱いお湯で洗わない

タオルでゴシゴシ擦らない

女の人

きちんとスキンケアをしているつもりなのに、肌が乾燥したり、ニキビができたりするなど、トラブル肌に悩んでいる人は多いようです。
なぜなら、自分に合った基礎化粧品を使っていても、正しいスキンケアを行っていないと、本来の効果が現れないからです。
まず、洗顔の時に、シャワーを直接顔に当てて洗い流すのは厳禁です。
シャワーからの水は水圧が強く、肌に負担をかけてしまいます。
そして、熱いお湯で洗うのも禁物です。
肌に必要な潤い成分まで洗い流してしまい、乾燥肌を促してしまいます。
ぬるま湯で、優しく洗う洗顔を心掛けましょう。
次に、洗顔した後、タオルでごしごしと顔を擦るのもNGです。
摩擦によって皮膚がダメージを受け、トラブル肌の原因となります。
タオルを肌の上に乗せ、軽く押さえて乾かすようにしましょう。
そして、洗顔した後に化粧水だけで終わらせてしまうのも、肌を乾燥させてしまいます。
化粧水を塗った後は、乳液やクリームでしっかり蓋をして、肌の潤いを保つようにしましょう。
また、皮脂の分泌が激しい人は、オイリー肌だと勘違いしてしまう事がありますが、乾燥が原因で皮脂の分泌が活性化している可能性もあります。
オイリー肌用ではなく、乾燥肌用の基礎化粧品を使うと、症状が改善することもあるので試してみましょう。
このように、スキンケアには色々な注意点があるので、しっかり心にとめてケアすることが大切です。
美しい素肌を目指し、正しいスキンケアを行いましょう。

きれいな肌にする成分

女性

昔は女性のものだったのに、数年前から男性にもスキンケアが広がってきました。
女性は毎日のメイクで疲れた肌を癒し、肌そのものを美しく保つためのスキンケアでした。
男性の方は、女性に比べて乾燥しやすく脂っぽい肌に潤いを与えるためのスキンケアになります。
スキンケアを行う目的は、きれいな肌を保つ事です。
そして、きれいな肌とは必然的に健康な肌ということになります。
ニキビや吹き出物、ひび割れなどのトラブルを抱えた肌は、けっしてきれいな肌ではないと断言できます。
また、健康な肌はバリア機能も高く、外部からの刺激から体を守る効果を高いレベルで発揮しています。
そのスキンケアで最も大切なことは「保湿」で、全ての肌トラブルの原因と言われる乾燥肌を防ぐことが、肌トラブルを防ぐための最高の対策と言えます。
そのため、スキンケアに使われるコスメには、水分を保持されるためのヒアルロン酸やセラミドと言った保湿成分が、必ずと言って良いほど含まれています。
ヒアルロン酸は僅か1gで6リットルもの水を保水できるほどの能力を持ちますが、その原理は簡易的であり、コップの中に水を入れた印象のため、蓋が必要であるといえます。
一方セラミドは、水分をカプセルの中に閉じ込めるという形態のため、長時間保水効果を発揮しまが、生成にコストがかかるため高価になります。
更に肌にハリを与える成分がコラーゲンで、これもほとんどのコスメに含まれていますが、コレ単独では乾燥すると弾力がなくなり、ハリを与える機能を発揮できません。
そこでヒアルロン酸やセラミドと同時に配合されており、ヒアルロン酸の保水機能を補助するための蓋としても機能します。

まずは化粧水から使用

ウーマン

美しい肌をキープするためには、日頃のスキンケアは欠かせませんが、間違った方法でスキンケアをしてしまうとかえって肌を痛めてしまいます。
ですので、正しいスキンケアの方法を身に着けて、毎日のお肌ケアに取り入れて美肌作りを心がけてみてはいかがでしょう。
スキンケアはまずクレンジングや洗顔を行い、メイク成分や皮脂・汚れなどを落としてから行うのが基本です。
まずは肌に十分な水分を与える為に手を使って化粧水をハンドプレスし、コットンを使って浸透させていきましょう。
化粧水は水分を与えるという役割の他に、角質層を潤す事によって次に使用する基礎化粧品が、より浸透しやすくなるように使います。
肌の保湿をメインに行うのが化粧水の役割ですので、化粧水に含まれているのはヒアルロン酸といった保湿性の高い美容成分です。
シミやしわ、たるみにニキビなど気になる肌トラブルがあるという場合、化粧水後に美容液でスキンケアをしましょう。
美容液には化粧水などの基礎化粧品よりも多くの美容成分が含まれており、集中的に肌をスキンケアできる点が特徴となっています。
化粧水を塗ってから肌が完全に乾ききった状態で美容液を塗っても、肌の角質層部分に美容成分が浸透していきません。
美容液は化粧水を塗って、少し肌が濡れている状態で使う方法が、より角質層へ美容成分を浸透させるコツです。
化粧水・美容液後は乳液やクリームを使って、水分や補った美容成分が逃げて行かないよう、肌に蓋をしていきます。
乳液は水分と油分をバランス良く配合しており、皮脂分泌が多い肌質の方でもサッパリと使いやすい基礎化粧品です。
クリームは乳液よりも油分を多く含んでいるので、乾燥肌に悩んでいる方におすすめの基礎化粧品となっています。
化粧水・美容液後に乳液やクリームを薄く塗り広げて、水分が逃げないよう肌に蓋をすれば基本的なスキンケアの完了です。

化粧品の相場

レディ

スキンケア化粧品はドラッグストアなどで手軽に購入できます。安いタイプならシリーズで揃えられて、お財布に優しいのが魅力です。アンチエイジングを意識するなら美容液やクリームだけでもちょっと高級なものを使うのがお勧めです。

もっと読む

化粧品の様々な分類

ウーマン

スキンケア化粧品にも種類があります。「無添加」、『オーガニック』、「無添加オーガニック」などですが、オーガニック化粧品は添加物が入っいる恐れがあります。化粧品のパッケージ裏にある、成分を公開したところを見るべきです。

もっと読む

熱いお湯で洗わない

女の人

きちんとしたスキンケアをしているつもりでも、肌トラブルに悩まされている人は、正しいケアを行っていない可能性があります。シャワーの水を顔に直接当てたり、熱いお湯で洗うのは、必要な皮脂まで洗い流すので厳禁です。

もっと読む