Skin Care

肌の悩みを改善しよう|スキンケア用品選びが大切

化粧品の相場

お手入れにかかる費用

レディ

いつも清潔に保つために肌のお手入れは必要不可欠です。
また、肌を乾燥から守るためや、メイクがきれいに仕上がるベースを作るためにもお手入れは必要です。
毎日の肌のお手入れに使うのが、化粧水や乳液、美容液などのスキンケア化粧品です。
ドラッグストアや薬局、デパートなどの化粧品コーナーに売られています。
スキンケア化粧品はお手入れをするたびに必要なものなので、継続できる価格帯の製品を選ぶことが重要なポイントです。
ドラッグストアなどでは、化粧水からクリーム系までシリーズとして売られています。
ボトル一本150?〜200?で300円〜500円程度の料金で購入できる化粧水や乳液もあります。
そういうプチプラのスキンケア化粧品なら、すべてシリーズで揃えても一か月分のお手入れ代金が合計2千円いかないくらいなので経済的です。
美容成分が沢山入っている年齢肌向けアンチエイジング系のスキンケア化粧品になると、ちょっと相場が高めになります。
化粧水の場合は安くても一本あたり1000円ほどします。
一本5000円以上する高級なアンチエイジング系のスキンケア化粧品も沢山あります。
そういう高級なスキンケア化粧品をすべてシリーズで揃えると高くなりますが、何もシリーズ使いにこだわる必要はないです。
美容液やクリームだけアンチエイジング系にして、それ以外の化粧水や乳液は1000円以下の製品にするなどすればコスパが良くなり続けやすくなります。

誰でも簡単に作れます

女の人

乾燥肌や敏感肌など人によっては肌が弱く、どのスキンケア用品でも肌に合うというわけではありません。
肌につけることで痛みを感じたり肌荒れが発生してしまったりと、スキンケアするはずが逆効果になってしまうこともあるため、肌に付けるものには気を付けなければなりません。
しかしメーカーによっては、販売していたスキンケア用品が廃盤になって販売しなくなってしまうことがあります。
せっかく肌に合うものを見つけたのに、販売しなくなってしまえば、また自分の肌に合うものを探さなければなりません。
そうならないように、肌が弱い人は無添加のスキンケア用品を使う人が多くいます。
または、無添加のスキンケア用品を自ら作って使う人もいます。
化粧水ならば自分で作って使うことができます。
その作り方は簡単で、誰でも作ることができます。
用意するのは、精製水とグリセリンだけです。
さらに肌に栄養を与えたい人は、プラスにクエン酸やコラーゲン、アロエなどを加える人もいます。
作り方は、精製水とグリセリンを容器に入れて混ぜるだけで出来上がりです。
そこにクエン酸やコラーゲン、アロエなどを入れて、さらに肌に良い化粧水を作ってスキンケアすることもできます。
自分で作れば肌に合うものをずっと使い続けることができるようになり、化粧水がなくて困るということがなくなります。
用意するものはどれも薬局で購入することができる材料なので、誰でも簡単に手に入れることができます。

髪の質を守るのも大事

女性

肌のスキンケアはとても重要ですが、髪のスキンケアも大事なことです。
肌ばかり気にしてしまい、髪のことについてはおろそかになっている人は意外と多くいます。
しかし髪のスキンケアを意識したくても、どのように行えば良いのかわからないという人もいます。
確かに髪の質を高める方法は、美容院でヘッドスパをしてもらう方法もありますが、自分で行う方法はシャンプーで髪を洗い、トリートメントで髪に栄養成分を与えること以外わからないものかもしれません。
しかし実は、簡単に自宅で髪のスキンケアを行うことができる方法があります。
1つは、蜂蜜を使った方法で、もう1つは亜麻仁油を使う方法です。
どちらも髪につけることは代わりありません。
どちらもシャンプーをする前に濡らした髪になじませ、髪に浸透させるようにタオルで頭を包み、10分から15分ほどパックしていきます。
そして洗い残しの内容にシャンプーで洗えば、これだけで髪がツヤツヤにさせることができます。
乾燥する季節は髪に気を配らなければなりません。
蜂蜜や亜麻仁油は髪だけでなく、頭皮のケアにも良く、ヘアパックさせるにはとても良い材料となります。
質を低めてそのまま放置してしまえば、特に乾燥する季節は静電気を起こしやすく、その影響から髪も傷みやすくなります。
きれいな髪を保つためにも、髪のスキンケアは肌と同じように十分に取り組んでいかなければなりません。
少し面倒に感じる方法かもしれませんが、きれいを保つためには少しの時間をかけてスキンケアすることが大切です。

化粧品の相場

レディ

スキンケア化粧品はドラッグストアなどで手軽に購入できます。安いタイプならシリーズで揃えられて、お財布に優しいのが魅力です。アンチエイジングを意識するなら美容液やクリームだけでもちょっと高級なものを使うのがお勧めです。

もっと読む

化粧品の様々な分類

ウーマン

スキンケア化粧品にも種類があります。「無添加」、『オーガニック』、「無添加オーガニック」などですが、オーガニック化粧品は添加物が入っいる恐れがあります。化粧品のパッケージ裏にある、成分を公開したところを見るべきです。

もっと読む

熱いお湯で洗わない

女の人

きちんとしたスキンケアをしているつもりでも、肌トラブルに悩まされている人は、正しいケアを行っていない可能性があります。シャワーの水を顔に直接当てたり、熱いお湯で洗うのは、必要な皮脂まで洗い流すので厳禁です。

もっと読む